ソフトウェアを作るのに必要なスキルと資格

ソフトウェアを作るのに欠かせない資格とは

ソフトウェアエンジニアに必要な資格

ソフトウェアを開発するエンジニアになりたい。そんな夢を抱いたなら、資格取得が求められます。経験を積むだけではエンジニアになることはできないのです。
ソフトウェアを開発するエンジニアに必要なのが情報処理技術者としての試験を受験すること。具体的には応用情報技術者試験に挑み、これを合格しなければなりません。応用情報技術者試験は国家資格です。この資格を取得すれば、ソフトウェア開発の業務に従事することができ、エンジニアとしての1歩を踏み出すことができます。単にソフト上を製作するだけでなく、プログラム設計書を作成することや、単体若しくは結合テストなど、ソフトウェアプログラミングの一連の流れ全てを担当することもできます。

試験の難易度は

応用情報技術者試験は、誰でも受験可能な試験ですが、過去の受験結果を見ても合格率は20パーセント程度。そして合格者の平均年齢は30代前半です。年齢制限がないため誰でも受験することが出来ますが、こうした環境であっても合格できるのは一部。それだけ難易度の高い試験であるのです。
応用情報技術者試験をいきなり受験するのでは合格を望むのは難しいよう。最初はITパスワードや基本情報技術者試験を受験して、基本から身につけるのが良いようです。とはいえ応用情報技術者試験は、知識を重要視している試験です。そのため経験を持っていないという方でも受験は可能。しかも試験対策を入念にしていれば例えばソフトウェア開発に携わっていないという方であっても合格することもできるのです。


TOPへ戻る