ソフトウェアを作るのに必要なスキルと資格

スキルはもちろん資質も大切

コミュニケーション能力

ソフトウェア開発を行う、また改良を行うという場合に必要なのは、ユーザーの要望です。どのようなソフトウェアが必要とされるのか、また既存のソフトウェアをどのように変化させることでより利便性や機能が向上するのか。それは実際に使用しているユーザーの意見が重要になるのです。
ソフトウェア開発を行うエンジニアが、自分好みのソフトウェアを作っているだけでは求められるエンジニアになることはできません。そのためユーザーから要望を適切に聞き出し、ソフトウェアに生かすことは、仕事を円滑に進める上でも重要なのです。
こうした点から、ソフトウェアエンジニアとして求められる資質は、ユーザーの声を正しく受け止め、それを生かすことのできるコミュニケーション能力といえます。

決められた期日や決まり事を履行する

社会の決められたルールや約束事、また納品日や時間などを守ることは社会人なら当たり前。とくにソフトウェアエンジニアには、こうした約束事を守れることが求められます。
例えばソフトウェア開発の場合、エンジニアが1人で行うということはほぼありません。チームを編成することはもちろん、ソフトウェア開発だけでなくその環境製作等を含めると、ソフトウェア開発を取り巻く環境には複数のエンジニアが存在しています。
こうした中で、1つのチームが約束の期日までに決められた仕事をこなさなければ、チーム以外の全体にも被害が拡大するのです。少しの遅延なら構わないのではないか。そんな甘えが多くのエンジニアへ被害を及ぼすことも。
ソフトウェア開発を行うエンジニアには、ルール順守は必須の資質でもあるのです。


TOPへ戻る