ソフトウェアを作るのに必要なスキルと資格

新たな時代を開発するソフトウェア製作

プログラミングに対するスキル

ソフトウェアを開発し、製作するソフトウェアのエンジニアにとって、何よりも大切なのがプログラミングスキルです。プログラミングというのは簡単にご紹介すると、機械にどのように動いてほしいかを覚えさせること、そのプログラムを製作することをプログラミングといいます。単に動作を覚えさせることだけに留まらず、処理手順を制作すること、またその作業などを含めた総称として使われることもあります。
世の中にある全てのソフトウェアには、何らかのプログラミング処理が為され、このプログラミング製作にはプログラミング言語が必要となります。つまり、ソフトウェアを作りたい、将来ソフトウェアエンジニアになりたいという場合には、まずプログラミング言語を習得するスキルは必要不可欠なのです。

機械部品に対するスキル

プログラミング言語と同様に必要なスキルが、機器に対する知識というスキルです。基本ともいえるソフトウェアを実装させる機械そのものについて知識が無ければ、例えソフトウェアに関しての知識が高くても何ら使い勝手の良いソフトウェアとならないのです。
例えば機器の構造という点だけでなく、パソコンでいうならOSはもちろん、コンピュータのマルチタスク、マルチユーザーのオペレーティングシステム等に対する知識も必要です。また家庭用コンピュータだけでなく企業の基幹業務処理用に設計されるような大型汎用コンピュータに対する知識も必要となることが予想されます。1つのコンピュータだけに特化せず、様々な機器に対してある程度広いスキルをもっていることは必要不可欠といえましょう。


TOPへ戻る